ジャクソン邸でケンカ 警察が調書を取りに駆け付ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は先日失踪したものの無事に保護されたマイケル・ジャクソンさんの母、キャサリン・ジャクソンさん - Mark Sullivan / WireImage / Getty Images

 ロサンゼルスにあるジャクソン家でケンカが起き、警察が呼ばれたという。

 TMZ.comはケンカの当事者が誰だったのかは報じていないが、身体的暴行を受けたとの連絡があったため、保安官事務所が調書を取るために駆け付けたとのこと。ロスト・ヒルズ保安官事務所は今年4月、マイケル・ジャクソンさんの母親キャサリン・ジャクソンさんが精神的、経済的虐待を受けているとの報告を受け調査に乗り出し、現在も家族から事情を聞いている途中とのこと。虐待を通報したのはジャクソン家の仕事仲間らしい。

 キャサリンさん自身は虐待はないと言ったらしいが、金銭面で制限をかけられているのではないかと警察は調査を続けているらしい。今回のケンカはこれらに関係している可能性があるとのこと。

 ジャクソン家はマイケルさんの兄弟が遺言書が偽物であると主張したため、大もめ状態だと報じられている。その後、キャサリンさんの行方がわからなくなり失踪届が出されたが、娘リビーと一緒にアリゾナにいるとの家族のツイートで無事は確認されたようだ。今後は警察官が直接キャサリンさんの無事を確認するためアリゾナ州に出向くとの報道もある。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]