ギャラアップを要求していた「モダン・ファミリー」のキャスト 大幅アップで仕事に復帰

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
内心はヒヤヒヤしていたのかも? - 「モダン・ファミリー」メインキャストの一人であるジェシー・タイラー・ファーガソン - Jason Merritt / Getty Images

 テレビドラマ「モダン・ファミリー」のメインキャストがギャラアップを求めて台本読みをボイコットした件で、製作側が俳優たちの要望を聞き入れ、大幅に出演料をアップすることになったという。

 放送がスタートしたころ、タイ・バーレルソフィア・ヴェルガラジェシー・タイラー・ファーガソンジュリー・ボーウェンエリック・ストーンストリートは、ほとんど名前が知られていなかったため、1エピソードの出演料は約65,000ドル(約520万円)だったらしい。その後、ドラマが大ヒット。キャストは最初の出演契約をなんとか白紙に戻そうとし、7年以上の人的役務契約は違法とするカリフォルニア州法を持ち出し、訴訟を起こしていた。

 WENN.comによると、キャストは1エピソードにつき17万ドル(約1,360万円)から18万ドル(約1,440万円)をもらうことで合意したとのこと。当初は20万ドル(約1,600万円)求めていると報じられていたが、落ち着くところに落ち着いたという感じなのだろう。

 これで製作側も一安心かと思いきや、今度は子役たちもギャラアップを要求する予定らしい。ファミリードラマであるため、4人の子役たちは大人たちと同じくらい撮影時間を費やしているが、子どものため出演料は安い。子役たちのエージェントはメインキャストのように一致団結して交渉に臨む可能性もあるとHollywood Reporter.comは報じている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]