ジャスティン・ビーバー、コンサート用のダンサーをネットでオーディション

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャスティン・ビーバー

 コンサートツアー「Believe ビリーヴ」用のダンサーを探しているジャスティン・ビーバーが、ロサンゼルス近郊に住んでいないダンサーのためインターネットでもオーディションを受け付けているという。

 オーディション希望者はYouTubeに直接ビデオを投稿すれば審査対象になるとのこと。インターネットで発掘されたジャスティンにふさわしい形だとツアー・ディレクターのジョン・チュウも感じているようだ。

 ジャスティン自身はツアーのため、マイケル・ジャクソンさんのビデオをみて研究をしているらしい。「ジャスティンは80年代、90年代のマイケルさんのコンサートのビデオを大量に見ています。アコースティックな面を残しながら、マイケルさんのコンサートに使われたような手品やパイロテクニックを自分のコンサートにも取り入れたいようです」とマネージャーのスクーター・ブローンは語り、これまでとは違うレベルのコンサートを目指すとのこと。

 パフォーマーとしてジャスティンが成長したことも、新しいコンサートツアーが期待できる要素だと語っている。「ステージに上がることが彼にとって一番の幸せなのでツアーに出るのは楽しみです。これまでの彼もすばらしいパフォーマーでしたが、彼のダンスの技術、音域、楽才のすべてが成長しています。もうベテランの域に達しており、彼としても新たなレベルへと自分を押し上げたい思いでしょう」と付け加えている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]