大国男児のカラム、共演者の大野いとのお気に入りに選ばれずズッコケ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大国男児メンバーと大野いと

 2日、角川シネマ新宿で映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』の舞台あいさつがあり、主演のカラムと所属するグループの大国男児からミカ、ヒョンミン、インジュン、ジェイが駆け付けヒットを祝った。またスペシャルゲストとして登壇したヒロインの大野いとは一番良かったのはカラムではなくインジュンと答え共演のカラムをずっこけさせていた。

映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』舞台あいさつに大国男児と大野いとが登場!

 韓国の人気アイドルグループの大国男児がモノトーンのシックな衣装であらわれると、集結した熱狂的な女性ファンが黄色い声援を送り、竹島の領有権問題で冷え込む日韓関係もどこ吹く風の大盛り上がりをみせた。

[PR]

 「俺の姫おいで」という劇中の印象的なせりふをメンバー全員で披露する場面もあり、みな思い思いのせりふ回しで観客を沸かせたあと、スペシャルゲストとして花束を持って大野いとが登壇。会場の独特の雰囲気と緊張で少々戸惑った様子だったが、どのメンバーの言い方が良かったか聞かれたところ共演者のカラムではなくまさかのインジュンを選んで、カラムをずっこけさせていた。大野は「言い方が男らしかったから」とはにかみながら説明しインジュンとがっちり握手。蚊帳の外のカラムは「びっくりしました。もうちょっと頑張らないといけないな」と苦笑しきりだった。

 「男子校の姫」と呼ばれる美少年・秋羅を演じたカラムは「初めての映画だからプレッシャーがあった。1日1、2時間しか寝てなかったけど、毎日が楽しかった」と撮影の苦労を語りながらサラサラの髪をかきあげてファンを喜ばせていた。

 本作は新條まゆの人気同名コミックの映画化。カラムふんする“美少女のような男の子”と大野扮する“美少年のような女の子”の恋を描く男女逆転学園ラブコメディー。(取材・文:池田敬輔)

映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』は公開中。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]