ガチャピンのルーツ判明!ステゴサウルスなど剣竜類の進化形

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガチャピンは剣竜(けんりゅう)類の進化形!

 「ポンキッキ」シリーズの人気キャラクター・ガチャピンが、ずっとずっと胸に抱えていた「ぼくは、何ていう恐竜なの?」という疑問を解決するべく、福井県立恐竜博物館に行ったことを5日付のオフィシャルブログで報告した。

 昨年10月21日付のブログでも「ぼくは、青虫じゃないよ。カエルでもないよ。あと、イモムシでもないよ」と切々と訴えていたガチャピン。同博物館によると、腰からしっぽにかけての骨の形、頭からお尻にかけて付いている五角形の形をした5枚の骨板といった特徴から、ガチャピンは鳥盤(ちょうばん)類の恐竜だと想像できるとのこと。ガチャピンは「だから、やっぱりぼくは恐竜なんだそうです」とほっとしたようにつづっている。

 さらに、ステゴサウルスやファヤンゴサウルス、トゥオジャンゴサウルスなど剣竜(けんりゅう)類の恐竜は、背中に剣板(けんばん)やトゲがあるのが特徴であることを挙げ、「ぼくの背中にも剣板があるので、ぼくも剣竜類の仲間かもしれません」と踏み込んだ考察も。

 同記事には、「こんなふうに進化したのかな?」というコメントと共に、ガチャピンが想像して描いたという剣竜(けんりゅう)類の恐竜が現在のガチャピンの姿になるまでの図も掲載されており、進化の過程が一目瞭然! ガチャピンは、同記事を「ぼくのルーツが、もっとくわしくわかったら、また、みんなにお知らせするね」と結んでおり、今後も自分探しの旅を続けることを示唆している。(朝倉健人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]