イスラム侮辱映画のプロデューサー逮捕 保護観察違反の容疑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 現地時間27日、中東での激しい反米デモを引き起こしたイスラム教の預言者ムハンマドを侮辱したとされるアメリカ映画『イノセンス・オブ・ムスリムズ(原題) / Innocence of Muslims』のプロデューサーが、米司法当局によってロサンゼルスで逮捕された。latimes.comなど複数メディアが報じている。

 プロデューサーのナクラ・バスリ・ナクラは、2010年に金融詐欺事件を起こして有罪判決を受け1年間服役。現在は5年間の保護観察中で、担当官の許可なしにインターネットに接続することを禁止されていた。今回の逮捕は、この規定に違反したためだと考えられている。

 19日には、ナクラは同作に出演した女優から、脚本ではアドベンチャー映画だったのに勝手に反イスラム映画に変えられたとして訴えられていた。同作がきっかけとなったとされる中東の反米デモはいまだ収まる気配がなく、リビアではアメリカ大使ら4人が殺害されている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]