『レ・ミゼラブル』のエディ・レッドメイン、ウォシャウスキー姉弟の新作に出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演交渉中のエディ・レッドメイン - Dr. Billy Ingram / WireImage / Getty Images

 映画『マリリン 7日間の恋』や『レ・ミゼラブル』などで注目されている若手俳優エディ・レッドメインが、新作『ジュピター・アセンディング(原題) / Jupiter Ascending』への出演交渉に入ったことがVarietyで報じられた。

エディ・レッドメイン出演映画『レ・ミゼラブル』フォトギャラリー

 これは、映画『マトリックス』シリーズや『スピード・レーサー』を手掛けたアンディ&ラナ・ウォシャウスキーが、ワーナー・ブラザーズのもと企画しているSci-Fi作品で、キャストは映画『G.I.ジョー』のチャニング・テイタムと映画『ブラック・スワン』のミラ・クニスがすでに決定していて、今回新たに実力派若手俳優エディ・レッドメインが加わったようだ。

[PR]

 そのストーリーは、人類の進化が衰え始めた近未来を舞台に、宇宙の女王がロシアに住む女性の命を狙うという設定だそうだ。ミラ・クニスが、そのロシアの女性を演じる以外、今のところほかの俳優がどの役でキャストされるかは明らかにされていない。

 演技派エディ・レッドメインとウォシャウスキー姉弟がタッグを組むことになれば、期待できる作品になりそうだ。エディ・レッドメインが出演している『レ・ミゼラブル』は、日本では12月21日より公開される。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]