ジャスティン・ビーバー、白血病と闘う7歳のファンを見舞う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャスティン・ビーバーとミリー・フラムちゃん

 ジャスティン・ビーバーが白血病と闘う7歳のファンのお見舞いに駆け付けたという。

 ミリー・フラムはユタ州ソルトレークシティーで開催されるジャスティンのコンサートに行く予定だったが、白血病が再発し、チケットを手放したとのこと。気の毒に思った家族と友人は、インターネットでジャスティンにお見舞いに来てくれるよう呼びかけたところ、ジャスティンがこれを聞き入れたという。

 ミリーの母親アマンダによると、ジャスティンはミリーをハグした後、楽曲「Baby」を歌ってあげ、記念にギターピックをプレゼントしてくれたとのこと。

[PR]

 「願いが突然かなって、ジャスティンとミリーとわたしたちだけというとても親密な形で会うことができました。彼のミリーに対する優しさは素晴らしいものでした。彼が部屋に入ってきただけでミリーは満面の笑顔になったんです。もらったギターピックを握りしめて、今でも離しません」とアマンダは地元紙Desert Newsに語っている。

 ジャスティンはミリーとのツーショット写真をインターネットに公開し、「このかわいい子を見て。彼女が大好きだ」と書いている。別れ際にジャスティンから頬にキスをしてもらったミリーは、絶対に顔を洗わない!と断言したらしい。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]