病気療養中のモーニング娘。佐藤優樹、診断は「左頚部リンパ節炎」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「左頚部リンパ節炎」と診断された佐藤優樹 - 写真は昨年7月のイベント時のもの

 昨年の12月30日から高熱を発し、病気療養中とされていたモーニング娘。の佐藤優樹が、「左頚部リンパ節炎」と診断されていたことがわかった。11日にハロー!プロジェクトのオフィシャルサイトで明かされた。

 リンパ節炎とは、全身を巡るリンパ管、また管とつながる節が炎症をおこし、腫れと発熱を伴うもの。佐藤は4日の時点で数日間の安静が必要と診断され、その後もイベントやライブへの出演を控え治療を続けていたようだが、引き続き加療が必要との医師の判断から、1月12日と13日の「Hello! Project 誕生15周年記念ライブ2013冬」公演を欠席することになったという。

 今後の活動に関してハロー!プロジェクトでは「引き続き病状の経過を観察しながら、判断していきます」としており、ファンに向け、佐藤の欠席を謝罪している。

 ほかのモー娘。メンバーも佐藤の容体を心配しており、8日に行われたシングル発売記念イベントではリーダーの道重さゆみが、佐藤から「だいぶ良くなったよ」というメールを受け取ったと報告。「早く良くなってほしいな」と1日も早い回復を願うコメントを残している。(西村重人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]