『ラブ・アクチュアリー』で濃厚ラブシーン演じたジョアンナ・ペイジ、母親に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョアンナ・ペイジ

 映画『ラブ・アクチュアリー』(2003)でマーティン・フリーマンと濃厚なラブシーンを演じたジョアンナ・ペイジが、第1子となる女児を出産した。ジョアンナは、現在34歳。夫は、『マイ・スウィート・シェフィールド』(1998)などに出演した俳優ジェームズ・ソーントンで、二人は結婚して今年で10年目を迎える。

映画『ラブ・アクチュアリー』写真ギャラリー

 ジョアンナはツイッターで「エバ・マデリーフ・ラッセルが2月15日午前10時58分、2,948グラムで誕生したことを発表します。かわいい!」と報告。ジェームズも「女の子が生まれました! 大喜びしています!」とツイートした。

 イギリスのクリスマスを舞台に、19人の男女が織り成すさまざまなラブストーリーを描いた『ラブ・アクチュアリー』は、今でもクリスマス映画の定番。ジョアンナは、映画のテスト撮影で、スターの代役としてカメラの前に立つジュディ役を務め、マーティン演じるジョンと濃厚なラブシーンを演じた。全米でこの映画がヒットしていた2003年12月、ジョアンナはプライベートでも幸せをつかみ、ジェームズと結婚していた。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]