ザ・フーのピート・タウンゼント、コンサートで7歳の女の子にブチ切れたことを謝罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファンに謝罪したピート・タウンゼント - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 ザ・フーのピート・タウンゼントが、カナダで行われたコンサートで7歳の女の子とその父親に悪態をついたことを謝罪した。

 E! Onlineによると、父親と一緒にコンサートに来ていた7歳のジェイニーは「ギターを叩き壊せ、ピート!」と書かれたプラカードを持っていたとのこと。それを持ちながら父親の肩に乗ってステージに近づいたが、これがピートの気に障ったようだ。

 ピートは「そのサインを持って消えなさい。あっちに行け。子どもを連れてきて利用するな。君に言いたい言葉があるが、小さい子がいるから言えない」とステージ上から言い放ち、口パクで「失せろ」という悪態をついた。

[PR]

 コンサート後、彼は自分の行動を後悔したようで、トロントの知り合いのDJの力を借りて親子の住所を突き止め、謝罪の手紙を書いた。

 手紙の中で彼は、あの日の自分は大口をたたくロックスター・モードに入っていただけで怒っていたわけじゃないと釈明。「君のプラカードは面白いと思ったよ。ただ、娘さんが少し怖がっているように見えたのが心配だった。そもそも係員は君たちをステージに近づけてはいけなかったね。君たちは何も悪いことはしていない」と書いている。

 ピートは、4月に親子とプライベートで会う約束を取り付けたという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]