アガサ・クリスティがシャーロック並みの大活躍?失踪事件がアドベンチャー映画に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一体どんな作品にしてくれる? メガホンを取るウィル・グラック監督 - Jemal Countess / Getty Images

 映画『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』の原作など、数多くの傑作ミステリーで知られる推理作家アガサ・クリスティの失踪事件をテーマにしたアドベンチャー映画の製作が進行していると、Deadline.comはじめ各メディアが報じた。

こんな作品になるのでしょうか?映画『シャーロック・ホームズ』写真ギャラリー

 これは推理小説の世界において広く知られる事件で、1926年に36歳だったアガサが自宅を出たまま失踪し、11日後に保護されたという出来事。失踪の理由については諸説あるものの、アガサ自身は事件について語ることはなく、その理由は謎のままとなっている。

[PR]

 映画はその11日間で彼女に何が起きたのかを描くもの。詳細は明らかになっていないが、女性版シャーロック・ホームズが『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』のような冒険を展開する映画になるとのこと。

 この事件については、その周囲の人間模様にフォーカスした1979年の作品『アガサ/愛の失踪事件』があるが、今回はミステリーやロマンスではなく、アクション色の強い作品になりそうだ。製作は米パラマウントが手掛け、映画『小悪魔はなぜモテる?!』『ステイ・フレンズ』のウィル・グラック監督がメガホンを取る。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]