カーリー・レイ・ジェプセン、ジャスティン・ビーバー&セリーヌ・ディオンを抜き3冠!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いたカーリー・レイ・ジェプセン

 音楽界で活躍するカナダ人アーティストに贈られる第42回ジュノ・アワーズでカーリー・レイ・ジェプセンがアルバム・オブ・ザ・イヤーを含む3冠に輝いた。

 カーリーのアルバム「Kiss」は、ジャスティン・ビーバーセリーヌ・ディオンを抑え、アルバム・オブ・ザ・イヤーとポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。また、楽曲「Call Me Maybe」はシングル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、授賞式では本人も驚きを隠せなかったようだとAccess Hollywood など各メディアは報じている。

 アルバムでの受賞は逃したものの、ファン・チョイス・オブ・ザ・イヤーはジャスティンが4度目の受賞を果たし、シンガーソングライターで詩人、小説家でもあるレナード・コーエンはアルバム「オールド・アイデアズ」でソングライター・オブ・ザ・イヤーを受賞。5つ目のジュノを手にしている。

 カーリーは2013年ビルボード・ミュージック・アワードでもトップ新人アーティスト、トップ・ホット100ソング部門、トップ・デジタルソングを含む10部門でノミネートされている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]