熊田曜子、妊娠中は14キロ増も…産後1か月で元のスタイルに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第2子に意欲を見せた熊田曜子

 昨年第1子女児を出産したタレントの熊田曜子が18日、東京ミッドタウンにて開催された「mama fes 2013 Spring」に登場し、自身の子育てエピソードを語った。また、最後には「(イベントに)来年も呼んでいただけたら、妊婦として帰ってこられるように頑張ります」と第2子にも意欲を見せていた。

14キロ増からここまで…!フォトギャラリー

 出産後はママグッズをプロデュースするなど、出産前にも増して精力的に活動している熊田。この日はママ友だという芝本裕子とトークショーを行い、その中では「昔ほどゆったり化粧をする時間もなくなった」とママ生活の忙しさを告白。そのため一時はおしゃれに無頓着になり、毎日同じパジャマを着ていることを夫に指摘され、女性としてハッとさせられたこともあったという。

[PR]

 その一方で、第1子出産からまもないというのに産後前とほぼ変わらぬスタイルをキープしている熊田には、同じママの立場にいる女性たちから称賛の声が相次いでいる。だが実は熊田も妊娠中は14キロも体重が増えていたといい、「赤ちゃんが生まれたらすぐに落ちるかと思っていたんですが、3、4キロしか落ちなくて……」と当時を振り返る。

 結果的には自身で開発した「骨盤パンツ」が功を奏し、産後わずか1か月で以前履いていたジーンズがまた履けるまでにスタイルが戻ったとのこと。これには会場中から感嘆のため息が漏れていた。

 17日より行われている「mama fes 2013 Spring」は今年で5回目の開催となる国内最大級のママイベント。熊田は「こうやって、お母さんも楽しめるイベントがあったり、出産してママっていいと思えるようになった」と現在の心境を口にしていた。(取材・文 名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]