THE GOOD-BYEの加賀八郎さんが死去…55歳 2010年に多発性骨髄腫を告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
6月8日を最後に更新が途絶えていた加賀八郎さんのオフィシャルブログ - 画像はスクリーンショット

 ジャニーズ事務所に所属していたロックバンドTHE GOOD-BYEの加賀八郎さんが2日、午前10時15分に死去した。55歳。加賀さんは2010年10月に多発性骨髄腫と診断を受け、闘病中であることをブログで告白していた。

 加賀さんの妻である漫画家・池沢理美は2日夜、「夫、加賀八郎、本日午前10時15分、息を引き取りました。生前お世話になった皆様、彼の音楽を愛してくださった皆様には、ただただ感謝いたします。ありがとうございました。はっちゃん、頑張りました」と報告。

 また、前後してTHE GOOD-BYEのメンバーも次々と訃報を伝えており、曾我泰久は「今朝、盟友加賀八郎くんがこの世を去りました。いまだに信じられません。言葉になりません。無念です」と、衛藤浩一は「ぱっつぁんが旅立っちゃった。正直まだ信じらんないけど…最期まで、強かったね。今まで本当にありがとうでした。とにかく今はゆっくり休んでね。さよならはまだ言わないよ」と、それぞれ悲痛な言葉をブログやツイッターにつづっている。

[PR]

 自宅療養中だった加賀さんは、今年5月27日に入院したことをブログで明かしており、入院生活の様子を伝える6月8日付の記事が最後の更新となった。

 加賀さんは、1983年に野村義男、曾我泰久、衛藤浩一と結成したバンド「THE GOOD-BYE」のボーカル、ベースとしてデビュー。同バンドは1990年に活動休止したが、2005年のライブを皮切りに活動再開し、今年9月でデビュー30周年を迎える。加賀さんはほかに、真心ブラザーズのサポートバンドなどで活動していた。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]