「ニュータイプエース」が休刊…一部連載はネット誌に移籍

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一部連載が移籍するウェブマンガ誌「角川ニコニコエース」 - 画像はスクリーンショット

 角川書店の月刊誌「ニュータイプエース」が10日発売のVol.23をもって休刊することが明らかになった。同誌に連載されていた4作品はウェブマンガ誌の「角川ニコニコエース」に移籍する。

コミカライズ「ヤマト2199」も連載されていた…フォトギャラリー

 同誌は「月刊ガンダムエース」と「月刊ニュータイプ」が協力して作る増刊誌として、2011年9月に創刊。「TIGER & BUNNY」をはじめとする人気アニメのコミカライズ作品がコンテンツの中心となっていた。

[PR]

 だが、10日発売のVol.23で休刊が発表。同誌に連載されていた「翠星のガルガンティア」「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」「フルメタル・パニック!アナザー」「紅殻のパンドラ」の4作品が、新たにウェブマンガ誌の「角川ニコニコエース」に連載の場を移すことが明かされた。

 そのほか、一部連載作品は同社の関連誌に移籍するほか、「超時空要塞マクロス THE FIRST」は連載再開情報を追ってオフィシャルサイトなどで告知予定とのこと。「ニュータイプエース」と「角川ニコニコエース」の両誌で連載されていた「TIGER & BUNNY」「宇宙戦艦ヤマト2199」「コードギアス 双貌のオズ」「輻輳のマーグメルド」「スパイMKT」については、引き続き「角川ニコニコエース」での連載が継続する。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]