「コーリー ホワイトハウスでチョー大変!」のカイル・マッセイ がんで余命わずかとのうわさを否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そういうのは良くないな - カイル・マッセイ - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 テレビドラマ「コーリー ホワイトハウスでチョー大変!」「レイブン 見えちゃってチョー大変!」で知られる俳優のカイル・マッセイが不治の病にかかっているとのうわさを否定した。

 「僕ががんで死にそうになっているとのうわさが一晩でツイッターのトレンドになった。まず言いたいのは、僕はがんでないということ。どこからこんな軽率で無神経なうわさが出たのかはわからない」とETonline.comに声明を出している。

 それによると、カイルはここ2年で叔父2人と親友を1人ががんで亡くなっている上に、祖父が前立腺がんを患い闘病中だと説明。病気を軽々しくジョークのネタにすべきではなく、このようなうわさを流し始めた人は低能だと言っている。

 カイルは現在ディズニーのテレビアニメ「スイチュー!フレンズ」でマイロの声を担当している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]