「Glee」コーリー・モンテースさん、死因はヘロインとアルコールによる薬物中毒

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
死因が明らかになったコーリー・モンテースさん - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 現地時間13日にバンクーバーのホテルで死亡しているのが見つかったテレビドラマ「Glee」のコーリー・モンテースさんの死因が、ブリティッシュ・コロンビア検死局により発表された。People.comなど複数のメディアによると、死因はヘロインとアルコールによる混合薬物中毒とのこと。警察のスポークスマンは詳しくは語らなかったものの、ホテルの室内には薬物の過剰摂取により亡くなった証拠が発見されたとコメントしている。

 世間の関心が強かったこともあり、コーリーさんの死因究明は迅速に進められ、検死解剖と毒物検査がすぐに行われたという。検死官は今後もさらに調査を進めていくらしいが、薬物の過剰摂取という悲劇的な事故以外の可能性を示す証拠は見つかっておらず、警察は事件性がないことからコーリーさんの死についてこれ以上捜査を行わないことを発表している。

 「モンテースさんの家族には、彼が死に至った状況について連絡がされています。非常に困難なときですので彼らのプライバシーを尊重してあげるようブリテッィシュ・コロンビア検死局からもお願いします」と検死局は声明を出している。

 コーリーさんは恋人のリア・ミシェルに勧められ、薬物依存症のためリハビリ施設に自ら入所。「Glee」の共演者やファンのサポートを受けつつ治療を終え、今年4月に退院し、薬物依存から立ち直ったかのように思われていた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]