人気コミック「好きっていいなよ。」が実写映画化!キスから始まる高校生の初恋!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人気漫画「好きっていいなよ。」実写化! 気になるキャスティングの発表も楽しみ!

 心を閉ざした一人の女子高生と学校一のモテ男との、キスから始まる恋愛を追った少女コミック「好きっていいなよ。」の実写映画化が決定した。同作は、女性向け漫画雑誌「月刊デザート」(講談社)で連載中の、葉月かなえによるラブストーリー。2012年にはテレビアニメ化されており、24日発売の最新11巻で、累計発行部数500万部突破が目前に迫る人気漫画だ。

 劇中で描かれるのは、16歳の女子高生・橘めいと学校一のモテ男子・黒沢大和による初々しい恋愛。過去のトラウマから、恋人も友達も作ってこなかっためいが、誤ってケガをさせた大和から一方的に友達宣言をされたことで、心を開いていく姿を描く。

 めいが変化する一番のきっかけとなるのが、大和による、彼女をあるピンチから救うためのキス。実写化にあたっても、コミックの随所に散りばめられたキスシーンが重要な要素となり、観客が「キスしたくなる・恋したくなる作品」を目指す。

[PR]

 原作者の葉月は、映画化決定に「夢なんじゃないかって思って頭の中が真っ白になりました」とコメント。原作は、「万人に受けなくてもいい、解ってくれる人だけ見てもらってなにかを感じてもらえたらそれでいい」という思いで描いてきたといい、まだ明らかになっていないキャストについても「自分の描いた漫画が有名人さんに、俳優さんに演じていただけるなんて本当に本当に恐れ多いといった感じです」と喜びを明かしている。

 初恋をきっかけに、友情や恋人をめぐる争いなど、人との触れ合いを知っていく少女の姿を追う本作。難役となりそうなめいはもちろん、「学校一のモテ男」大和にふんするキャストの発表も楽しみな一本だ。(編集部・入倉功一)

映画『好きっていいなよ。』は2014年公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]