元ミニスカポリス・本山なみ、舞台あいさつで壇蜜ばりのパフォーマンス!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
壇蜜ばりのパフォーマンスを披露した本山なみ

 元ミニスカポリス本山なみが7日、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた初主演映画『うそつきパラドクス』の初日舞台あいさつに出席した。舞台あいさつ冒頭には一人下着エプロン姿で登場し、魅惑のセクシーボイス&ポーズでほかの登壇者を呼び込む、特技の“セクシーウグイス嬢”を披露。イベント後の囲み取材で報道陣から「壇蜜さんみたいでしたね」と声を掛けられると、「あれは無茶ぶりだったんですよ」と笑顔で謙遜していた。

本山なみが壇蜜ばりのパフォーマンス!フォトギャラリー

 本作はきづきあきらサトウナンキによる大人気コミックを実写映画化した恋愛ドラマで、遠距離恋愛中のヒロイン・栖佑日菜子(本山)と、彼女の寂しさを埋めるため恋人代わりとなる同僚の八日堂俊介(真山明大)との関係を描く。

[PR]

 本山にとって本作は演技初挑戦にして初主演作。さらに、主演はオーディションで勝ち取った上、劇中ではフルヌードを披露するなど挑戦尽くしの作品で、本山は「監督からは演技が初めてな分、素のナチュラルさを重視したいと言っていただきました」と体当たりで挑んだ撮影を振り返った。

 また「(漫画を読んだとき)栖佑日菜子さんの大きな胸に目がいってしまって」と笑いながら役柄の第一印象を明かしつつ、映画については「恋愛という点でみなさんに共感していただける面が多いと思いますが、『うそつきパラドクス』というタイトル通り、ウソとか人間の矛盾とかもすごく出ているので、その辺に注目していただけたらと思います」と複雑な男女の心理をえぐり出した深みのあるドラマであることをアピールした。

 イベントには本山のほかにキャストの真山明大、戸田れい青野未来階戸瑠李ジェントルも出席。壇蜜主演の話題作『私の奴隷になりなさい』にも出演した真山は「あの経験が自分の中ですごく力になっていて、今回この話をもらったときに、すごく『やろう、力になれれば』って思って引き受けました」と出演を決めた理由を明かしていた。(中村好伸)

映画『うそつきパラドクス』は9月13日までヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]