『THE HERO』オ・ジョンセ、「虫恐怖症で娘を落としてしまってごめん」と謝罪<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「理想の父親にはまだまだ遠いよ……」 - オ・ジョンセ - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 9日 JPICTURES]9月9日、映画『THE HERO』の製作報告会がソウル江南(カンナム)区新沙(シンサ)洞のCGV狎鴎亭(アックジョン)で行われ、キム・ボンハン監督、オ・ジョンセパク・チョルミンチョン・ウンピョ、シン・ジス、ファン・イニョン、チョン・ユンソク、チョン・ハウンが出席した。オ・ジョンセは虫恐怖症であることを打ち明け、娘に謝罪の言葉を送った。

映画『THE HERO』製作報告会フォトギャラリー

 この日オ・ジョンセは、「幼い頃のヒーローは両親だった。僕が3階から落ちても受け止めてくれそうだったし、おなかが痛くなると手を触れるだけで治るみたいだった。僕も子どもにとってそんな父親になれたらと思う」と語った。

[PR]

 続けて彼は、「自分はどんなパパだろうかと考えてみた。僕は虫が怖い。ガが飛んできて娘を抱いていたのに落としてしまったことがある。この場を借りて娘に本当に申し訳なかったと伝えたい」と打ち明けた。「幼い頃に見ていた両親の姿にはまだ遠いみたいだ」と言うオ・ジョンセに、パク・チョルミンも「僕も酒を飲んで(子どもを)一度踏んだことがあるよ」と付け加えて場内は爆笑した。

 映画『THE HERO』は、ジュヨン(オ・ジョンセ)が子ども向けドラマ「サンドマン」のファンである息子キュワン(チョン・ユンソク)のためにサンドマンになることを決心するという物語だ。息子のためになら何でもしてしまう親バカの父親による「孤軍奮闘変身プロジェクト」と、子どもを持つ親ならば共感必至の育児の悲哀を愉快に描いている。

 オ・ジョンセは息子のために恥ずかしい衣装を着てサンドマンに変身する父ジョヨンを演じ、パク・チョルミン、チョン・ウンピョ、シン・ジス、ファン・イニョン、ソン・ビョンホらが出演する。韓国で10月8日に公開予定。(Jpictures Syndicate)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]