芸能界一のスポーツ男子・佐野岳 映画初主演で自分とは正反対の役に挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ボディーもハートも超パワフル!佐野岳 - (C)シネマトゥデイ/奥山智明

 映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で映画初主演を果たした若手俳優・佐野岳が、撮影時のエピソードやスポーツ番組で披露した驚異的な身体能力の秘けつを明かした。

映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』場面写真

 昨年11月に放送されたスペシャル番組「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」で、運動神経バツグンの芸能人たちとガチで対決し、見事総合優勝を果たした佐野。スポーツ青年らしい強靭(きょうじん)な肉体とイケメンぶりで注目の的となった彼が本作で演じたのは、同級生にウソをついたことで一人東京に行く羽目になる高校正・和也。情けないところがありながら、旅での出会いを経て少しずつ成長していくナイーブな青年だ。

[PR]

 そんな和也について、「自分とは全然違う性格の役で、好きなタイプではなかったんです」と正直に打ち明ける佐野だが、演じているうちに彼の気持ちが理解できるようになったという。「和也は友達とうまくやりたい一心でウソをついたんですよね。今回の映画で人の見方が変わって器が広くなったような気がします。僕も和也と一緒に成長できたのかもしれません」と晴れやかな笑顔を見せ、「メッセージ性の高い映画なので、みんなに観てもらって日本を良くしていきましょう!」とユーモラスに作品をアピールした。

 和也に成り切って見せたやや内向的な表情とは裏腹に、素顔の佐野は屈託がなくて元気いっぱい。子どもの頃から忍者に憧れるアウトドア少年で、いつもフィールドアスレチックの丸太渡りや綱登りで夢中になって遊んでいたそうだ。「それこそ毎日のように通っていたので、知らないうちに肉体訓練になっていたのかもしれません」と自身の身体能力について分析しながら「苦しい思いをして練習するのは苦手なんです。何でも楽しまないと!」とポジティブ発言。

 今回の映画初主演も、「とにかくうれしかった! プレッシャーよりも楽しみのほうが強かったです」と朗らかに語る佐野。素直で好奇心が旺盛で、何でもどんどん吸収してしまいそうな彼のマルチな才能は、まだまだ開花の余地がありそうだ。(取材・文:斉藤由紀子)

『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』は9月28日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]