「ジェシカおばさんの事件簿」がリブート、主演にオクタヴィア・スペンサー!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リブート版「ジェシカおばさんの事件簿」で主演を務めるオクタヴィア・スペンサー - Charles Eshelman / FilmMagic / Getty Images

 アンジェラ・ランズベリーが主演し、日本でも放送されたテレビドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」のリブート作品で、オクタヴィア・スペンサーが主演を務めることがThe Hollywood Reporterほか複数のメディアによって明らかになった。

オクタヴィア・スペンサーがオスカーを獲得! 映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』場面写真

 本作は、テレビドラマ「デスパレートな妻たち」で製作総指揮を務めたアレクサンドラ・カニンガムと、テレビドラマ「シックス・フィート・アンダー」のデヴィッド・ジャノラリが、NBCのもと企画しているリブート作品で、アレクサンドラ・カニンガムが脚本を執筆することになっている。そしてこの度、映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞助演女優賞を獲得したオクタヴィア・スペンサーが主役に抜てきされたようだ。

[PR]

 オリジナルのテレビシリーズは、1984年~1996年までアメリカのCBSで放映され、アンジェラ・ランズベリー演じるミステリー作家ジェシカ・フレッチャーが数々の難解な事件を解決していく素人探偵のミステリー作品。日本でも、1988年からNHKで放送され、主役の吹き替えを女優、森光子が担当していた。

 新シリーズでは、現在の設定に合わせて執筆していくそうだ。演技派オクタヴィア・スペンサー主演で、はたしてどのような作品が出来上がるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]