ホリエモン、自著の映画化決定を明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
堀江貴文

 ホリエモンこと堀江貴文が5日、都内で行われたニコニコ生放送特別番組「堀江貴文とスティーブ・ジョブズ」の収録前に報道陣の取材に応じ、スティーブ・ジョブズに対する思いを述べるとともに、自著「拝金」の映画化が進行中であることを明かした。

映画『スティーブ・ジョブズ』写真ギャラリー

 同番組は、日本におけるIT革命の先駆者である堀江が、2011年に56歳の若さで亡くなったアップル社の創始者スティーブ・ジョブズの波瀾(はらん)万丈な人生を描いた映画『スティーブ・ジョブズ』の魅力を徹底解剖し、独自の視点からジョブズについて語り合うというもの。

[PR]

 もともと堀江は「コンピューターの仕事なんかやりたくなかった」と思っていたそうだが、アップル製品はIT業界に入るきっかけになった立役者なのだとか。「Macを見た途端にカッコいいと思って。Macを使っている人にもカッコいい仕事をしている人が多かったから、それでやる気になった。幸運なことに、後にアップルさんと仕事をさせてもらえるようになってラッキーでしたね」と振り返った。

 iMacやiPhoneなど革新的な製品を次々と生み出したカリスマ的なイメージを持つジョブズ。一方で自分のビジョンを実現させるためには手段を選ばないような攻撃的な面もあり、実際に多くの敵を作ってしまったことも映画では描かれている。そんなジョブズの人柄について、業界の異端児であった堀江は「まあ、当然じゃないですか。あれくらいじゃないと革命的なことはやれないですよ。人の意見なんか聞かない方がいい。やりたいことは押し通すべきですよ」と評価する。

 その後、ジョブズの生涯を描いた本作にちなみ、「自身の半生を映画化するとしたら?」という質問が飛び出すと、堀江は「この間行われたイベントで『拝金』の映画化が決まりました。これは僕の半生とは違うけど、(自分の人生に)ちょっと関係する作品になっています」とコメント。さらに「監督は斬新な手法でやってくれる人がいいですね。普通の作品だったら、あまり作る意味はないのと思うので」とその構想の一端を明かす。まだ詳細は決定していないとのことだが、本プロジェクトの今後の動向にも注目したい。(取材・文:壬生智裕)

映画『スティーブ・ジョブズ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]