THE BOOM宮沢和史、頸椎症手術は見送り、自然治癒力での回復目指す

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
手術を見送ることを発表した宮沢和史

 頸椎症性神経根症のため約4か月に及ぶ歌手活動休止を発表していたロックバンドTHE BOOMの宮沢和史(47歳)が、手術を見送り、自然治癒による回復を目指すことが、バンドのオフィシャルサイトを通じて発表された。

 数年間に及び首の痛みに悩まされていたという宮沢は、今月7日、精密検査の結果、頸椎症性神経根症のため手術と静養が必要と診断されたことを発表。来年5月にTHE BOOMがデビュー25年を迎えることもあり、万全の態勢でいるため、約4か月間の活動休止を決断したことを明かしていた。

 しかし11日の発表で宮沢は、困難が予想されるため、手術を見送ったことを発表。主治医との話し合いの結果、自然治癒力での回復を期待し、リハビリや東洋医学の治療を行いながら静養することを決定したという。

 またサイトでは、宮沢の今後の活動予定について、パーソナリティーを務めるラジオ番組「MIYA THE WORLD!!」の11月6日、13日放送週に関しては、ロックバンドTRICERATOPSの和田唱が、11月20日、27日放送週はTRICERATOPSが担当することを発表。期間限定で結成されたバンド、宮沢和史&TRICERATOPSの特集を放送し、宮沢は12月4日放送週から復帰するとのこと。新聞及び音楽情報誌における連載は引き続き執筆するという。(西村重人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]