マライア・キャリー、「アメアイ」は悪魔と仕事をしている気分だった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バイバイ、悪魔 - マライア・キャリー

 昨シーズン、オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を務めていたマライア・キャリーが、実は大嫌いな仕事であったことをニューヨークのラジオ番組Hot97で明かした。

マライア、映画初主演!フォトギャラリー

 「正直、大嫌いだったわ。審査員のうち、最初に契約をしたのはわたしで、3人でやると思っていた。ギャラも良かったし、わたしのベーシストだった、昔なじみのランディ・ジャクソンもいるし、大丈夫、簡単な仕事よと思っていたの」とマライアは語っている。

[PR]

 しかし、審査員は4人となり、何度も不仲が報じられたニッキー・ミナージュが起用されて事態は一変したそう。「大丈夫だと思っていたのが、突然そうじゃなくなったの。まるで、毎日悪魔と一緒に仕事をしているようだった」とつらさを語った。

 マライアはまた、番組プロデューサーたちが、“政治的な理由”で候補者を落としたりしていたともコメント。

 「わたしが大好きだったのは候補者よ。ものすごく才能がある人もいて、人間性もいいことが一目でわかる人たちもいた。でも、政治的な理由から落とされるのを見るのはとても残念だったわ」と言っている。

 降板後、仕事に専念すると言っていたマライアは来年2月ごろに新しいアルバムをリリースしたいと考えているらしい。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]