パパラッチともみ合いになったジェニファー・ラヴ・ヒューイットの婚約者 証拠不十分で不起訴に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(右)と、不起訴になったブライアン・ハリセイ - (左)Beck Starr / FilmMagic / Getty Images

 今年9月にパパラッチに囲まれ、もみ合いとなったジェニファー・ラヴ・ヒューイットの婚約者ブライアン・ハリセイが不起訴になったという。

ジェニファー×ジャッキー・チェン!映画『タキシード』場面写真

 事件は、ロサンゼルスのレストランから出てきたブライアンと当時妊娠6か月のジェニファーの写真を撮っていたカメラマンとの間で起きている。撮影をやめてほしいとブライアンが頼んだものの、相手が写真を撮り続けたため、止めようともみ合いになり、カメラがパパラッチの目の近くに当たってしまったという。

[PR]

 TMZ.comによると、被害者のパパラッチは暴行を受けたとの被害届を出したが、調査の結果、検察側は証拠不十分で起訴を見送ったとのこと。

 ジェニファーとブライアンは以前にNBC局で製作されたドラマ「ラブ・バイツ(原題) / Love Bites」で共演し、テレビドラマ「クライアント・リスト」で再会。交際をスタートし、6月に妊娠と婚約を発表している。

 その後、ジェニファーがブライアンの出番を増やすよう番組側に要求したため、番組の方向性でプロデューサーたちと意見が合わなくなり、ドラマはすでに終了している第2シーズンで打ち切りが発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]