ジャスティン・ビーバーのボディーガード、オーストラリアでサーファーやパパラッチに暴力

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ボディーガードも何かと問題になるジャスティン・ビーバー

 コンサートツアーのためオーストラリアを訪れているジャスティン・ビーバーだが、彼のボディーガードがかなり乱暴な行動にでているという。

映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』場面写真

 TMZ.comによると、サーフボードの上に立ち上がろうと苦労をしていたジャスティンの写真を撮ったあるサーファーはボディーガードに突然詰め寄られ、携帯電話を取り上げられたとのこと。サーファーが猛烈に抗議をしたところ、地元の人が彼の味方についたため、ボディーガードはしぶしぶ携帯電話を返したらしい。

[PR]

 このサーファーはトラブルに巻き込まれないよう、撮影した写真を削除したというが、ネットにはビーチにいた人が撮影したジャスティンのサーフィン姿が多数アップされており、ジャスティン自身もワイプアウトした写真を公開しているため、ボディーガードは普段からのクセで写真撮影に敏感になっていたようだ。

 その夜には、ジャスティンが乗った車を追いかけていたパパラッチが被害に遭ったようだ。TMZ.comのビデオには、ジャスティンの車が突然停車し、ボディーガードがパパラッチの車に大声で「うせろ」と騒いでいる姿が映っている。その後、ボディーガードは車を何度も蹴り、ビデオには映っていないが、ナイフでタイヤを刺したらしい。

 ジャスティン側はこれらの出来事にコメントは出しておらず、パパラッチも被害届は出していないようだ。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]