双子妊娠の中西モナ、6月に流産していた…悲しみの胸中を振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
6月に流産していたことを明かした中西モナ - (写真は4月撮影のもの)

 第2子・第3子となる双子の妊娠を発表したタレントの中西モナが12日にブログを更新し、今年6月に流産を経験していたことを明かした。

 中西はブログで双子妊娠を改めて報告。「今は、産まれてからのわたわたな毎日をにんまり想像しながら、過ごしています」と心境をつづった一方で、「実は、6月に一度流産をしてしまいました」と告白。「稽留流産だったために、病院に半日入院で処置をしなければならなかったのですが、お腹の中に来てくれた小さな命を、心臓が動いてないにしろ取り出すという処置は、精神的にかなりきつかった」と振り返った。

 それだけに、今回の双子妊娠は「今回の双子ちゃんは、その時のベビーが、帰ってきてくれたのかなぁなんて、思ったりしております」と感慨もひとしおの様子だ。

[PR]

 また、中西はかねてより多嚢胞(のうほう)性卵巣症候群のため不妊治療を受けていることを公言していたが、今もその症状は出ているといい、「でも、授かれたよ!」と同じ立場にいる女性たちにエール。「大丈夫。今、ベビ活を頑張ってるみんな、まわりには色んな意見があると思うけれども、近い将来、お腹に来てくれるベビーを信じてあげてください」とつづっている。

 2012年に第1子女児を出産した中西は、今年3月より芸能活動を再開。12日に双子を妊娠したこと、そして来年6月に出産予定であることを公表していた。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]