ジャスティン・ビーバー宅で女性が意識不明に 救急車が駆け付ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自宅で女性が意識不明になっていたというジャスティン・ビーバー - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

 12月14日(現地時間)未明、ジャスティン・ビーバーの家で20歳の女性が意識を失ったとの通報があり、救急車が出動したという。

 しかし、通報から15分後、女性が意識を取り戻し、救急車は必要ないと言い出したことから出動の取り消しを求める電話がされたとのこと。

 「念のため救急車が呼ばれただけです。女性は飲み物と食べ物を少し口にしたところ元気を取り戻し、自宅に帰りました」と情報筋はHollywoodLife.comにコメント。パーティーを主催していたジャスティン自身、この騒動の中、在宅中だったと思われる。

 ジャスティンのパーティーはワイルドになることで有名で、参加者には秘密保持契約書にサインをさせることで知られている。この契約書は、パーティーに関するツイート、ブログ、写真など、あらゆるSNSの使用を禁止しているほか、ジャスティンやほかの出席者の個人の健康状態や哲学、宗教的な思想など、パーティー中に耳にしたこと、目にしたことを一切口外してはならないことになっており、違反者に対しては訴訟を起こし、500万ドル(約5億円)の損害賠償を求めると記載されている。(1ドル100円計算)(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]