コーリー・モンテースさん、「Glee」で教師になる予定だった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コーリー・モンテースさん、ライアン・マーフィー、マシュー・モリソン - Kevin Winter / Getty Images

 今年7月にヘロインとアルコールの混合薬物中毒で亡くなった「Glee」のコーリー・モンテースさんが、将来的にはマシュー・モリソン演じるシュースター先生に代わってグリークラブの先生になる予定だったという。

「Glee」キャスト、ハリー・シャム・Jrが初来日!フォトギャラリー

 EW.comによると、コーリーさんの追悼式でクリエイターのライアン・マーフィーが明らかにしたとのこと。

[PR]

 「僕にとってコーリーは『Glee』の始まりと終わりの両方でした。『Glee』のエンディングについて誰にも話したことはありませんが、僕は最初から頭の中に描いており、北極星のように頼りにした指標でした。第6シーズンの最後でリア・ミシェル演じるレイチェルはブロードウェイの大スターとなり、コーリーが演じていたフィンは教師になる予定でした。彼にはもう負け犬のような思いはなく、オハイオ州に残るという自分の選択に満足をし、幸せを感じている。そこへ、人生が満たされているようでいて、そうでないレイチェルが帰省し、フィンが指導するグリークラブに顔を出す。フィンは『こんなところで何をしているんだ?』と聞き、レイチェルは『帰ってきたの』と返事をしてフェードアウトして終わるはずだった」と語ったという。

 追悼式でライアンはコーリーを息子のように思っていたともコメント。「コーリーとは最初から父子の関係でした。僕は初めはどうしていいかわからず、そんな関係は嫌でしたが、壊れた家庭で育ったコーリーには導き、支えてくれる役割を果たす男性が必要だったんです。今思うと、実際に父親となった僕にとって、コーリーは父親になるための補助輪だったように思います。コーリーは今後も多くの人たちを良い方向へと変えていくでしょう。1人の人生に触れるだけでも希少なことですが、コーリーは何百万人もの人生に触れたんです」と付け加えている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]