『バットマン vs スーパーマン(仮題)』のワンダーウーマン役のガル・ガドット、3本の作品で同役を演じる契約

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワンダーウーマン大活躍の予感です - ガル・ガドット - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 映画『バットマン vs スーパーマン(仮題) / Batman vs. Superman』で、ワンダーウーマンこと、ダイアナ・プリンスを演じることになっているガル・ガドットが、他に2本の作品にワンダーウーマンとして出演する契約を結んでいることが、Varietyなど複数媒体により明らかになった。

ガルの映画デビュー作『ワイルド・スピード MAX』写真ギャラリー

 映画『ワイルド・スピード』シリーズや『ナイト&デイ』で知られる、イスラエル出身の女優ガル・ガドットがワンダーウーマン役に抜てきされたニュースは昨年12月に発表。DCコミックのオールスター映画『ジャスティス・リーグ(原題) / Justice League』と、ワンダーウーマンが主演の映画も含め、同役で計3本の作品に出演する契約が結ばれている。ただ、3本の契約に限定されているのは、まだワンダーウーマンが観客にどう受け入れられるか未知数だからだという。

[PR]

 イスラエルのエンターテインメント番組Good Evening with Gai Pinesによれば、ガドットは、『バットマン vs スーパーマン(仮題)』で、30万ドル(約3,000万円)のギャラが支払われる概算だという。(1ドル100円計算)

 映画『マン・オブ・スティール』のザック・スナイダー監督がメガホンを取り、ヘンリー・カヴィルがスーパーマン役、ベン・アフレックがバットマン役を演じる本作は、当初の2015年7月17日の公開予定が2016年5月6日に変更となった。ガドットの出演シーンの撮影は今年5月に開始予定とのこと。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]