『しあわせの隠れ場所』のクィントン・アーロン、車両登録証失効で車をレッカーされる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
車両登録証が失効していたクィントン・アーロン - Gabriel Olsen / Getty Images

 映画『しあわせの隠れ場所』のクィントン・アーロンが、車両登録証失効のため警察に車を取り上げられ、雨の中置き去りにされたとTMZ.comが報じた。

映画『しあわせの隠れ場所』フォトギャラリー

 クィントンは同映画のマイケル・オアー役でMTVムービー・アワード、ブレイクアウト・スター賞にノミネートされた俳優。

[PR]

 同サイトによると、警察は何らかの理由でクィントンの車を停止させた際、車両登録証が失効しているのに気づいたとのこと。クィントンは登録更新費用は支払ったものの、面倒だったためカリフォルニアで義務とされている排ガス点検をしていなかっただけだと警察に弁解をしたが聞き入れられなかったという。

 車をレッカーされてしまった彼はタクシーを呼び、雨の中、待つはめになったそうだ。

 クィントンは所属していたAPAタレント・エージェンシーと2010年に契約を解除。IMDbによると2011年は「私はラブ・リーガル」「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」などテレビへのゲスト出演が多かったが、今年は映画『アピアリング(原題) / Appearing』がアメリカで公開を控えているほか、3本の出演映画がポストプロダクションに入っており、現在も2本の映画を撮影中のようだ。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]