「バクマン。」が佐藤健&神木隆之介で実写映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「バクマン。」が佐藤健&神木隆之介で実写映画化! - (C)2015映画「バクマン。」製作委員会

 累計発行部数1,500万部超の人気漫画「バクマン。」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健)が実写映画化され、2015年に全国公開されることが明らかになった。主人公の高校生漫画家(作画担当)・真城最高役には『るろうに剣心』などの佐藤健、真城とコンビを組む同級生(ストーリー担当)・高木秋人役を『桐島、部活やめるってよ』の神木隆之介が演じる。監督を務めるのは、『モテキ』などの大根仁

待望の実写化!「バクマン。」フォトギャラリー

 原作は、「DEATH NOTE」の大場つぐみと小畑健が再びタッグを組み、2008年より週刊少年ジャンプ(集英社)に連載された異色の“漫画家”漫画。正反対な高校生がコンビを組んで漫画家デビューを目指すさまを描かれる。単行本は全20巻で累計発行部数1,500万部超の大ヒットを記録し、2010年からはNHKでテレビアニメ化もされた。

[PR]

 そんな人気作の実写化に、佐藤は「今回、この映画の打ち合わせを何度かさせていただいて思ったことは、今まで誰もやったことがないことをやってやろう、今までに見たことのない映画を創ってやろうという気持ちが強いメンバーが集まったなぁということです」と顔合わせの様子を振り返ると、「日本の漫画、ジャパニメーションの歴史、現実、そして素晴らしさを世界中の人たちに伝えられるよう、自分にできることを精いっぱいやらせていただきます」と心境を明かした。

 一方、原作の大ファンだという神木は「僕自身、本当に大好きな原作で、すり減るほど読んでいた漫画だったので、とてもうれしいです」とコメント。「今までにない表現で、あっと驚く作品になると思いますので、期待していただきたいです」とファンにメッセージを送っている。

 映画化に際しては、原作サイドも全面協力。集英社や「ジャンプ」といった固有名詞はもちろん、さまざまな漫画が実名で登場するほか、映画に出てくる漫画の原稿も原作者・小畑が描くとのこと。大根監督は「僕の人格の80パーセントは、子供のころからずっと読んできた漫画で形成されています。だから漫画家を主人公にした映画を、いつか絶対に撮りたいと思っていました」と並々ならぬ意気込みで映画化に臨むことを明かしている。(編集部・福田麗)

映画『バクマン。』は2015年、全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]