「ウォレスとグルミット」新作の予定は当面なし…声優の健康状態がネック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ウォレスとグルミット」の新作、また観られるよね……? - MJ Kim / Getty Images

 人気クレイアニメ「ウォレスとグルミット」シリーズのニック・パーク監督が、同シリーズの新作制作の予定がないことを明かした。ウォレス役の声優を務める俳優ピーター・サリスの健康状態が芳しくないことが理由だという。

映画『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』場面写真

 「ウォレスとグルミット」は、間の抜けた発明家ウォレスとしっかり者の犬グルミットがさまざまな冒険を繰り広げるさまを描いたクレイアニメーションシリーズ。これまでに短編4作・長編1作の映画作品が発表され、アカデミー賞短編アニメ映画賞を2度、同長編アニメ映画賞を1度受賞している。ほかに、テレビシリーズ・スピンオフ作品などがある。

[PR]

 Digital Spyによると、パーク監督はウォレス役のピーターの健康状態を危惧しており、「彼はあまり健康ではありません。その上で、シリーズを続けるかどうかはわれわれにとって大きな問題です」とコメント。「現時点で新作の制作予定はありません」と明かした。

 1970年の映画『嵐が丘』などに出演しているピーターは現在93歳。これまでにもビデオゲームなどでは、ピーターに代わって若手俳優のベン・ホワイトヘッドがウォレスの声を担当することがあり、パーク監督もベンの力量に信頼を置いているというが、ピーター抜きでの作品制作には消極的な様子だ。

 ただし、パーク監督自身には「ウォレスとグルミット」シリーズを続けたいという希望はあるとのこと。「将来的には、『ウォレスとグルミット』の新作をやりたいですし、いつまでもシリーズを続けたいと思っています」と明かしている。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]