佐藤健、これは事件になる!『るろうに剣心』続編に自信の表情!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
続編の完成に自信の表情を見せた佐藤健

 俳優の佐藤健が5日、六本木ヒルズアリーナで行われた大ヒット主演映画の続編『るろうに剣心 京都大火編』の完成披露イベントに出席した。会場には約1,200人のファンが集結し、ヒロイン役の武井咲をはじめ、伊勢谷友介青木崇高蒼井優神木隆之介江口洋介藤原竜也大友啓史監督らと歓声を浴びながらレッドカーペットを歩いた佐藤は、映画について「ヤバいっす。これは事件になるはず」と自信を表情を見せた。

『るろうに剣心』豪華キャスト集合のレッドカーペット!フォトギャラリー

 主人公の緋村剣心役を務める佐藤は、雨が降るあいにくの天候をものともせずファンのサインや握手の求めに応じ、心からのファンサービスを披露。その後、ステージに上がると、続編のお披露目を迎えたことに感無量の様子で「ついに完成しました」と客席に語り掛けた。

[PR]

 さらに「1年前にクランクインしたのですが、そのときは続編を作れるという喜びと、良い作品ができるのだろうかという不安でいっぱいでした」と撮影を振り返った佐藤は「前作を観てアクションなど自分の足りないところを痛感したので、撮影中はただひたすら一生懸命、剣心と向かい合った」とコメント。それだけに撮影はハードだったといい「クランクアップまでみんな、誰も死なずに撮りきれるのかと思いながら闘っていました。こうしてこの場に立てることが感慨深いです」としみじみ語った。

 それを受け、敵役の志々雄真実を演じた藤原も撮影を振り返り「今までに経験したことがないくらい激しかった。でも、剣心に引っ張ってもらった」と佐藤を称賛。また瀬田宗次郎役の神木は「大好きな瀬田宗次郎の役で参加させてもらって光栄。大好きだからこそ、ハードルを高く、一つ一つ考えながら演じることができました」と笑顔を見せていた。

 本作は和月伸宏が手掛けた大人気コミックの映画化第2弾。原作でも人気の高いエピソード「京都編」をベースに、人斬り抜刀斎こと緋村剣心(佐藤)と日本転覆を企てる最凶の敵・志々雄真実(藤原)の激闘を2部作で描く。(取材・文:名鹿祥史)

映画『るろうに剣心 京都大火編』は8月1日、『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]