吉幾三、27年ぶり映画出演!憧れの吉永小百合と共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
吉幾三が27年ぶり映画出演! - 吉永小百合、笑福亭鶴瓶との共演シーン

 「俺ら東京さ行ぐだ」「雪國」などのヒット曲で知られる歌手の吉幾三が、吉永小百合が共同企画・主演を務める『ふしぎな岬の物語』で、実に27年ぶりとなる映画出演を果たしたことがわかった。前回の映画出演は、ダンプカーの運転手役を務めた1987年公開の『ドン松五郎の大冒険』。吉は「27年ぶりに映画独特の雰囲気を楽しませてもらいました。たくさんの人が一つ一つ、手作りしてできる様子は大好きですね。吉永さんとの共演は短い時間ではありましたが、ずっと変わらない憧れの方なので、いい緊張感がありました」と撮影を振り返っている。

吉永小百合がくじら汁を振る舞う!撮影現場フォトギャラリー

 本作は、森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)を原作に、「岬カフェ」の女主人・悦子(吉永)と人々との温かな交流を描いた人間ドラマ。吉永が55年の映画人生で初めて企画を立ち上げただけでなく、阿部寛竹内結子笑福亭鶴瓶ら豪華キャストの共演で話題を呼んでいる作品だ。

[PR]

 吉がそんな本作で演じたのは、悦子のおいである浩司(阿部)とみどり(竹内)が通っていた岬中学校の行吉先生。出演は、定年を間近に控えた行吉先生が問題児だった浩司を心配して「岬カフェ」を久しぶりに訪れる場面と、中学校を訪れた浩司とみどりに出会う場面の二つだが、メガホンを取った『八日目の蝉』の成島出監督からの「『東京物語』をはじめとして小津安二郎監督作品には欠かせない名優・笠智衆のような存在になってほしい」との要望に応えて独特の存在感を発揮している。

 吉永は吉について「撮影初日から吉さんとご一緒で、『よし、行くぞ!』という気持ちになれました」とユーモアたっぷりにコメント。「温かなお人柄が、そのまま役に出てらして、とても優しい雰囲気のシーンになったと思います」とその存在感を絶賛している。一方の吉は吉永との共演に触発されたようで、「今度はまたじっくりお芝居できればと思います。役を通しての人との出会いがある。なんだか、また演技にはまってきましたね」と俳優業にも意欲を見せている。

 なお、本作にはミュージシャンの杉田二郎堀内孝雄ばんばひろふみ高山厳因幡晃らによる音楽ユニット「ブラザーズ5」が出演していることも明らかになっている。(編集部・市川遥)

映画『ふしぎな岬の物語』は10月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]