ジャスティン・ビーバーの強盗未遂事件 証拠不十分で不起訴に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人に優しく接するよう努力したい - ジャスティン・ビーバー

 5月にパターゴルフ場で写真を撮った女性から携帯電話を奪い取り、強盗未遂の疑いで調査されていたジャスティン・ビーバーが証拠不十分で不起訴になったという。

ジャスティン・ビーバー写真ギャラリー

 E! Newsが入手した警察書類によると、事情聴取を受けたパターゴルフ場の従業員9名のうち、ジャスティンが被害者の携帯電話を取り上げたところを目撃したものは1人もいなかったとのこと。今後は検察官が軽罪を追及するかどうかを検討するらしい。

[PR]

 ジャスティンは、パターゴルフ場で近くにいた女性が携帯電話を取り出したため、携帯を見せろと言い、撮った写真を削除するよう要求。女性が拒否すると彼女のかばんの中から携帯を奪い取り、携帯を取り戻そうとする女性と取っ組み合いになったと報じられている。

 携帯にはロックがかかっていたため、ジャスティンは女性に携帯を返し、ロックを解除して写真を見せろと再度要求。結局、携帯にはジャスティンの写真はないところを見せると、ジャスティンは女性にわめき散らし、一緒にいた女性の13歳の娘を泣かせてしまったという。

 ジャスティンはその後ツイッターで、「僕は人に優しくするよう母親に育てられた。人に勝手に判断され、嫌がらせを受けても王道を進もうと心掛けている。でも、簡単なことじゃないんだ。それでもがんばり続けている」「僕はこれからも母が育てた男でい続ける。僕は人が大好きだから、不公平な目に遭っても優しく接するよう努力したい。みんな、うわさを信じないでくれ」とファンにメッセージを送っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]