黒川芽以、霊感が強いことを告白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自身の心霊体験を語った黒川芽以

 14日、女優・黒川芽以が、シネマート六本木で行われたホラーオムニバス映画『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』初日舞台あいさつに登壇し「わたし結構霊を見るんですよ」と打ち明けた。本舞台あいさつには、中島愛里戸谷公人小野川晶堤千穂秋山タアナ、そして千葉誠治監督も出席した。

黒川芽以、霊感が強いことを告白! 画像ギャラリー

 黒川は「12歳ぐらいまでは頻繁に霊を見ていたんです」と語ると「以前一人暮らしをしていた家は、途中からおじさん(の霊)が住みだして、首を絞められたり、ポルターガイスト現象が続いたり……。結構(霊を)呼び寄せちゃうんですよ」と恐怖体験を振り返る。

[PR]

 それを聞いていた中島も「わたしも(霊体験)はあります。(賃貸)物件とかを探している時にも、よく男の人(の霊)を見るんですよ」と黒川に同調。本作は霊的ホラーというよりは、人間の心に潜む恐怖を描いた作品だったため、撮影前のお払いはなかったというが、黒川は「心の中でお払いをして臨みました」と準備万端で現場に赴いたことを明かしていた。

 日常に起こりうる人間の恐怖を描いた本作だが、黒川は「先日スイカを買いにいって、レジで並んでいる時に、隣のおじさんに急に『そのスイカおいしそうだね』って言われて怖かったです」と見ず知らずの人に急に話かけられることの恐怖を語ると、中島も「知らない相手に、自分のことをすべて知られているって自覚する瞬間って怖いですよね」と身近にあった出来事を例にあげて、日常の怖い体験をあげていた。

 本作は、平山夢明の「東京伝説」を千葉誠治監督で映画化。さまざまな欲望渦巻く東京を舞台に、人間の心の奥に潜む狂気性を描く。(磯部正和)

映画『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』はシネマート六本木にて限定公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]