超新星のユナク、サッカー日本&韓国代表にエール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
超新星のユナク

 14日、東京・シネマート新宿にて行われた映画『無花果の森』初日舞台あいさつに、ボーカルグループ・超新星のメンバーで主演のユナク、共演の原田夏希、主題歌・出演のMiNo、そして古厩智之監督が登壇した。

映画『無花果の森』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 古厩監督は、初対面の時のユナクの印象について「彼に会う前は、どんな映画になるかと思ったけど、会ったらとても『いいやつ』だという印象を持って、そこからはドンドン彼の印象に役を合わせていく感じで撮影を進めたんです」と明かした。すると、ユナクは「今回、日本の映画に出演できたことは本当にうれしい。もっと頑張ってまた出演してみたいし、『いいやつになりたい』と思う」と今後の意気込みの程を語っていた。

[PR]

 撮影時のユナクの印象をMiNoが「いつも『ハハハ』って笑うんです。そこがとてもチャーミングな雰囲気なんです」と語ると、ユナクはすかさず「いろんな『ハハハ』の種類があるんです(笑)。まあ今回はどちらかというと気まずい感じというか、MiNoさんとは現場で一回しか会わなかったし。超新星のソンジェくんともよく一緒にやるんだけど、彼の方がうまいかな?」とコメント。

 ほかにもユナクについては「とてもいい匂いがする。初めて会った時も、二回目に会った時も。だからドキドキしたというか」(古厩監督)、「いつも甘いものを食べている印象。でもこんなに細いからスゴイって思っていました」(原田)と次々とチャームポイントが明かされた。

 また、現在開催中のサッカーワールドカップについて「連日、眠れない夜が続いている」と熱心に観戦していることを明かしたユナクは「今回はアジア(の国々)が上位にランキングされるといいなと思うんです。『アジアは強い』と言いたいし。もちろん日本も韓国も、同じように上位に行けばうれしいな。頑張れ!」と熱いエールを送っていた。(取材・文:桂伸也)

映画『無花果の森』はシネマート新宿ほか全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]