『父の祈りを』原作者、がんで死去 60歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
亡くなったジェリー・コンロンさん - Peter Macdiarmid / Getty Images

 映画『父の祈りを』(1993)の主人公のモデルで原作者のジェリー・コンロンさんが亡くなった。60歳だった。The Guardianなどが報じた。

 本作は、1974年にロンドンで起きたギルドフォード・パブ爆破事件の犯人として、冤罪(えんざい)で逮捕された父子を描いた実話に基づく作品。ジェリーさんは事件の犯人として捕まり、無罪を主張しながら15年もの間、獄中生活を送った人物だ。共に正義をかけて闘った父親は、1980年に獄死した。

 無罪を勝ち取り釈放されてからも、ジェリーさんはそのトラウマから、長い間アルコールやドラッグ中毒に悩まされたという。死因は長年患ったがん。北アイルランド・ベルファストの自宅で亡くなったとのこと。

 『父の祈りを』は第66回アカデミー賞で作品賞をはじめ、ダニエル・デイ=ルイス(ジェリー・コンロン役)の主演男優賞、ピート・ポスルスウェイト(父親役)の助演男優賞、ジム・シェリダンの監督賞・脚本賞など計7部門にノミネートされた。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]