「Glee」フィン役のコーリーさん、15歳のときに薬物で死にかけていた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コーリー・モンテースさん

 テレビドラマ「Glee」のフィン役で人気のあったコーリー・モンテースさんが薬物中毒で亡くなってから1年が経ち、母親のアン・マクレガーさんが息子の死についてテレビ番組で語った。

 「コーリーは、15歳のときにも薬物で死にかけたんです。それほど彼は感情的な悩みを抱えていたのですが、その大部分は父親との関係を築きたいというものでした」とアンさんは息子が薬物に走ってしまった原因を語った。彼の父親は、コーリーさんが7歳のときにアンさんと離婚。以来二人の間には溝があったという。

 さらにアンさんは、誰にもコーリーさんのことを助けることはできなかったとの考えも話した。「(母親の)自分とコーリーの絆があっても彼の死を防げなかったのだから、他にどうしようもなかったんだわ」とコメントした。

 アンさんは、もちろん今でも息子を失った悲しみに苦しんでいるが、最近になってようやくコーリーさんの写真を見ることができるようになったという。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]