オスカー4度受賞の名女優キャサリン・ヘプバーンの伝記映画が始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さぁ、誰がキャサリンを演じるのか?-名女優キャサリン・ヘプバーン - Alfred Eisenstaedt / The LIFE Picture Collection / Getty Images

 アカデミー賞を4度受賞した唯一の名女優キャサリン・ヘプバーンを題材にした伝記映画が始動していることがVarietyによって明らかになった。

 本作は、製作会社フォー・スター・インターナショナルのリチャード・アケルとジャニス・ハモンド、製作会社スターリング・ロード・プロダクションのマイケル・モスカが企画している作品。作家ウィリアム・J・マンが執筆した伝記本「ケイト:ザ・ウーマン・フー・ワズ・ヘップバーン(原題) / Kate: The Woman Who Was Hepburn」を基に映画化することになっている。

 今作では、アウトサイダー的な存在だったキャサリンの女優初期のころからハリウッド黄金期の大スターにのし上がっていく過程が描かれるようだ。ちなみにプロデューサーのリチャード・アケルは「事実、キャサリンに関して作り上げられた神話よりも、彼女はより興味深く、人を鼓舞させる人物だ」と語っていて、今作ではハリウッドのスターとしてよりも、プライベートな彼女の価値観に興味を示したアプローチがされる模様だ。

 キャサリンは、映画『勝利の朝』『招かれざる客』『冬のライオン』『黄昏』で、すべてアカデミー賞主演女優賞を手中に収めている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]