ベティちゃんが初の長編映画に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ただならぬ雰囲気です… - 画像はサイモン・コーウェルのツイッターのスクリーンショット

 日本でもベティちゃんの愛称で親しまれている人気キャラクター、ベティ・ブープの長編映画が初めて製作されることがわかった。Varietyが報じた。

 ベティは1930年に誕生し、多数の短編アニメーションに登場してきたキャラクター。ボブヘアにミニスカート、グラマラスなボディーで、アニメ界の元祖セックスシンボルといえる存在だ。

 今回の長編映画プロジェクトは、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」などの辛口審査員として知られるサイモン・コーウェルのサイコ・エンターテインメント、『LEGO(R)ムービー』のアニメーションを手掛けたアニマル・ロジック・エンターテインメント、そしてベティの権利を保有しているフライシャー・スタジオによって数か月にわたって進められているもの。監督や脚本家は決まっていないが、ミュージカルアニメーションになる予定だという。

 サイモンは「ベティはアイコンで、世界で最もビッグなスターの一人だ。彼女と仕事ができることにワクワクしているよ」とベティの映画に携われることに大喜び。「ベティ、僕はこれまで本物のディーバと呼べる女性たちと仕事をしてきたけど、君が一番だよ」と愛まで告白するなどその魅力に骨抜きにされている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]