ジャスティン・ビーバー、危険運転と暴行容疑でまた逮捕

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
危険運転と暴行容疑で逮捕されたジャスティン・ビーバー - Tony Barson / FilmMagic / Getty Images

 20歳の歌手ジャスティン・ビーバーが現地時間8月29日、母国カナダで危険運転と暴行の疑いで逮捕されていたことがわかった。ABC Newsなどが報じた。

脱ぐとムキムキ!ジャスティン・ビーバー写真ギャラリー

 オンタリオ州警察が2日に発表したところによると、ジャスティンが運転していたATV(四輪バギー)とミニバンが衝突。ドライバー同士で口論になった末、暴力沙汰になり、ジャスティンは危険運転と暴行の疑いで逮捕されたという。警察は詳細については伏せているものの、ジャスティンのATVには同乗者がいたと明かしている。同日、ジャスティンと恋人セレーナ・ゴメスがATVに乗っている姿がパパラッチされており、同乗者はセレーナだったと見られている。

[PR]

 ミニバンに乗っていたのもパパラッチだったようで、ジャスティンの弁護士は「ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの(オンタリオ・)ストラトフォードでの静かな休暇は、不運にもパパラッチの存在によって台無しになりました。二人は警察の捜査に協力しています。われわれはこの問題がすぐに解決することを祈っています」とコメントを発表している。

 ジャスティンはすでに釈放されており、9月29日にストラトフォードの裁判所に出廷することになっている。

 なお、ジャスティンは今年1月にも公道でドラッグレースをし、DUI(アルコールや薬物の影響下での運転)、運転免許証の期限切れ、公務執行妨害の三つの容疑で逮捕された。また同月起こした隣人宅への卵投げ事件において、現在は2年間の執行猶予中だ。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]