中谷美紀、東京国際映画祭フェスティバル・ミューズに就任!

第27回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フェスティバル・ミューズに就任した中谷美紀

 30日、第27回東京国際映画祭のラインナップ発表会が都内で行われ、今年のフェスティバル・ミューズを女優の中谷美紀が務めることがわかった。黒のシックなドレスで登場した中谷は「わたしも一人の映画人として、映画ファンとして、楽しんで参加させていただきたいと思います」と就任の喜びを語った。

【写真をもっと見る】中谷美紀 黒のシックなドレスで登場

 フェスティバル・ミューズは映画祭の「顔」として、オープニング・クロージングセレモニーを中心とした主要オフィシャルイベントに出席する。第26回では女優の栗山千明が務めた。

[PR]

 就任を受けて、中谷は「一人の映画人である前にただの映画ファンです。人生において喜びに満ちた日々も多いですけど、苦しいときもいつも映画がわたしを救ってくれたように思っています。人の生死にかかわる場面で映画というものは必要ないかもしれませんが、お忙しい方々の日常を少しでも彩ったり、大変なことからエスケープしたり、夢を見られたり豊かにするツールであってほしいと願っています」と映画に対する熱い思いをスピーチ。

 同映画祭には『ゼロの焦点』が特別招待作品(第22回)、『力道山』がクロージング作品(第18回)として出品されるなど幾度か参加しているが、一番印象に残っている思い出には19歳のときに初主演した『BeRLiN』を挙げ、「上映していただいたことが本当にうれしくて」と笑顔で述懐。さらに「いまだに実はコンペ作品に出演したことがないので、コンペ作品を持ってレッドカーペットを歩くのが夢です」と憧れも語った。

 東京国際映画祭は世界から監督や俳優、映画関係者などが集まるアジア最大級の国際映画祭。今年は10月23日から31日まで六本木をメイン会場に、TOHOシネマズ日本橋や歌舞伎座にもエリアを拡大して行われる。(中村好伸)

第27回東京国際映画祭は10月23日から31日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]