KESHA、10年にわたる性的虐待で大物Pを訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
10年にわたる性的虐待で大物プロデューサーDr. ルークを訴えたKESHA

 歌手のKESHA(27)が、約10年にわたって性的、身体的、精神的に虐待を受けたとして大物音楽プロデューサーDr. ルークを訴えたことがわかった。

 KESHAはDr. ルークと契約した18歳のころから繰り返し虐待を受けてきたと主張。TMZ.comが入手した訴状には、KESHAがDr. ルークによってドラッグを無理やり使用させられた上、無防備になったところをレイプされていたこと、「おまえは太ったクソ冷蔵庫だ」などと外見について罵倒され摂食障害になったこと、暴力を振るわれ逃げ出したことなどがあったとつづられていたといい、KESHAはDr. ルークとの契約破棄を求めている。

 一方Dr. ルークの弁護士は、この訴えは下品なウソであり、KESHAと彼の契約を破棄させるため、彼女の母親と新しいマネージメント会社が仕組んだものだと完全否定している。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]