JOY、歪曲報道に苦言「勝手に『悪』にされることもある」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
歪曲報道に苦言したJOY(写真は3月に撮影したもの)

 タレントのJOYが、自身のオフィシャルブログで、先ごろプライベートでカラオケに行った際に一般人と撮影した写真が掲載されたFacebook投稿をきっかけに、事実と異なる報道をされることに苦言を呈した。

 お笑いコンビ、マテンロウアントニーとカラオケに行ったJOYが、レジで会計をしている最中に一般人から写メを頼まれたところ、数十分後に友人から「JOY、◯◯ちゃんと友達だったんだね!Facebookに載ってたよー!」と画像付きのメールが。JOYは「話しかけてくれるのはすごく嬉しいし、もちろん写メも撮りました!」としたうえで、彼らと一緒にカラオケに行ったかのような印象を与える投稿に当惑。「これを見たこの子の友達とかはそう思うよね、この書き方だと(笑)そういうつもりはないのかもしれないけど、ちょっとした書き方のニュアンスって大事だよね!!笑」と指摘している。

 また、「この件とは少し違うけど、僕らのやっている芸能という仕事(モデル、タレント、役者、芸人さん、etc)は事実じゃないこともたくさん言われるし書かれたりもします。勝手に『悪』にされることもあります。それを見ただけ聞いただけの人はそれを信じる」と芸能人が抱えるリスクを説明し、気にしないようにしているものの事実と異なる報道をされることには「心が持たない時がある」と本音を吐露。

 同時に、「逆にいい事を言ってもらえる機会もたくさんあるし、色んなチャンスも貰える。様々なメディアに感謝しないとね!」と報道のメリットも挙げ、応援しているファンへの感謝の思いをつづっている。(編集部・石井百合子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]