北野武、サムライ賞受賞で脱皮の予感

第27回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第1回サムライ“SAMURAI”賞を受賞した北野武監督&ティム・バートン監督!

 31日、第27回東京国際映画祭のクロージングセレモニーがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、比類なき感性で常に時代を切り開き続けている人の実績をたたえる「サムライ“SAMURAI”賞」を受賞した北野武監督とティム・バートンが貴重な2ショットを披露した。トロフィーを授与された北野監督は、「賞金も何もつけない、(トロフィーも)ガラスの余ったもので作ったよう」とユーモアたっぷり。本賞がきっかけとなって新しい自分に生まれ変われることに期待していた。

【写真】ティム・バートン監督、にっこり!

 数々の映画祭で高い評価を受け、世界を代表する映画監督となった北野監督と、『シザーハンズ』『アリス・イン・ワンダーランド』など、世界各国で高い人気を誇る作品を数多く手掛けているバートン監督。「サムライ“SAMURAI”賞」は今年新設された賞で、記念すべき第1回目の受賞に、北野監督は「皆さんありがとうございます」と感謝の気持ちを表した。

[PR]

 しかし、その後は北野節がさく裂し、「第1回東京国際映画祭に出たような気がするんですが、あまりにも初めのころは情けない映画祭で、人をバッタ扱いしたような緑のカーペットだった」と揶揄(やゆ)。

 また、受賞が決まったときは「俺一人は嫌だと言ったら、ティム・バートンさんを連れてくるってことで、二人なら恥ずかしくないということで来ました」とうそか本当かわからないようなコメントで会場を沸かせた。しかし最後は、「最近、お笑いとかテレビとか映画でも、内心ムズムズすることがあって、それがもしかしたら脱皮するというか、脱皮してヘビがヘビになるとか、カニがカニになるとかじゃなく、セミが急にトンボとか違うものになって飛んでいくような気がしていて、そのきっかけになったら」と賞に込めた期待も語った。

 そんな北野監督と共に本賞を受賞したバートン監督は、「ありがとうございます。偉大な北野さんと受賞することは本当に名誉なことです」と手放しで喜んでいた。(取材・文:鶴見菜美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]