頭突きCMの美女・武田梨奈、「裸に抵抗はない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
頭突きで瓦割りをするCMで話題を集めた武田梨奈

 頭突きで瓦割りをするCMで話題を集めたアクション女優の武田梨奈が7日、シネマート六本木で行われた映画『SARAH サラ』公開記念イベントにゲストとして出席し、プロインタビュアーの吉田豪とトークバトルを展開。武田は吉田から「家ではほとんど裸で、父親と一緒にお風呂に入っているんだよね?」と突っ込まれると、「家族に裸を見られることが恥ずかしいって感覚が変じゃないですか?」と逆に突っ込み、会場を沸かせていた。

【フォトギャラリー】武田梨奈、得意のハイキックをお見舞い

 本作は、最愛の娘マルシャを守るべく、襲い掛かる敵を東南アジアの格闘術・シラットで次々になぎ倒していく最強の女サラを描いたインドネシア映画。武田は「女性アクションものは燃えますね! こういう作品を観るとアドレナリンが出てきて自分もやりたくなります」とアクション女優らしい一面をのぞかせる。

[PR]

 家でのトレーニングは日課で、弟に脚を押さえてもらいながら腹筋をするという武田。その際、上半身裸のときが多々あることを吉田から言及されると、「弟は恥ずかしがっていますが、家では基本的に裸族なので、裸に抵抗はないです」とあっけらかん。

 そんな武田だが、映画で裸になることには「今はないですね」と苦笑いを浮かべ、「今のわたしが裸になっても、小学生みたいなので……。もっと大人の女性の色気が出てきたら考えます」と恥ずかしそうに語っていた。

 さらに「今後はアジアのアクション映画に出て、日本の空手というものを世界に広げていきたい」と目標を語った武田は、今年はアクション映画だけではなく、恋愛映画にも出演予定だそうで、「わたしのいろいろな面を表現できたらいいですね」と笑顔。自らの恋愛については「田舎や日本の四季を楽しんでくれるような昭和のにおいがする人がいいですね」と理想のタイプを語っていた。(磯部正和)

映画『SARAH サラ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]